Airbnbの特徴として、登録からゲストとの連絡、部屋代の受け取り、トラブル対応まですべてがインターネット上で完結することが挙げられる。
この特徴を生かして、ホストがゲストに顔を合わせることなく部屋を貸し出すことができる。
ホストの中には、世界中を旅しながら日本に所有する物件でAirbnbを通じて収入を得ているという人もいるのだ。
投資目的で民泊をしたい方にとっては、Airbnbのサービスはとても利便性がたかいものといえるだろう。
Airbnbの登録ももちろん、パソコン一つで完了する。
では、Airbnbの登録手順について確認していこう。

1.まずはアカウント作成

Airbnbでホストを登録するためにはまず、「ゲスト」としての登録が求められる
FacebookGoogleでログインすることもできるが、最低限メールアドレスがあれば登録が可能だ。
ゲストとしての登録後、ホストとしての登録に進む。

2.ホストとして部屋の詳細を登録

ゲストの登録が終わったら、ホストとして貸し出す部屋や家」など物件の詳しい情報を載せるリスティングページの作成だ。
step1
ベッド数やバスルーム数などの基本的な情報
step2
部屋の写真や物件の紹介、利用規約
step3
宿泊費や宿泊可能日、宿泊日数などのカレンダー設定
以上の3ステップをリスティングしていくと、ゲストからの予約受付が可能になる。
しかしこのリスティングページ作成の作業には、細かな注意と工夫が必要だ。
下記に述べているので、ぜひ続けて読み進めて収入アップを図ろう。

Airbnbの登録はとっても簡単!でも収入アップのために一工夫を

 sozai_6357
以上、実際登録してみるとわかるのだが、Airbnbはとても操作性の良いシステムが採用されている。
登録作業などが簡単に行えるからこそ、世界的にサービスが広がったのだろう。
しかし、簡単にAirbnbに登録できたからと言って安心してはいけない。
登録した物件に予約が絶えず入るようにするためには、上記のリスティングページに細かい工夫と注意を払ってほしい。

リスティングページ作成のポイント

<ベッド数をターゲットに合わせて決める>
どんな旅行客を自分の物件のターゲットとなるのか、しっかりと考えよう。
アジア人の旅行客に多い、大人数の家族連れがターゲットになると考える場合は、エクストラベッドや布団の利用も考える。
ベッド数を増やすことによって、利用客の増加が見込まれるならば簡易ベッドなどの購入も検討も行おう。
<部屋の写真は大きなアピールポイント>
みなさんがお客の立場だったら容易に想像がつくように、宿泊先を選別する際、部屋の写真は大切なポイントの一つだ。
照明などを工夫して、あなたの物件が一番魅力的に映るように工夫して写真を撮影しよう。
しかし、実際にないものを置いたり、実物と違う点があると規約違反になるため十分に注意しよう。
<宿泊費の設定>
宿泊費の設定は、なかなか難しいという声も聞く。
まずは理想の宿泊費を設定したうえで、最初はその70%~80%程度で設定すると良いだろう。
予約が順調に入るようであれば、少しずつ値上げをするとよい。
<宿泊日数>
まずは7日と設定するとよい。
詳しくは別記事でも紹介する。