Airbnbで貸し出す部屋は、ホスト側のコンセプトによって作られる。
ゲストにどう滞在してほしいのか?
どれだけの満足度を与えて、どれだけの宿泊費を設定するのか?
まずはあなたのコンセプトを明確にし、その上で部屋の内装を整えていこう。

ゲストの出身国を想定すると内装も具体的に決まる

 2052
Airbnbで予約してあなたの部屋を借りてくれるゲストの多くは、外国人だろう。
まずはどの地域の国の人々がターゲットか決めるとよい。
主なゲストの地域・国が決まれば、おのずと内装やインテリア、注意書きなどのサインも決まってくる。
欧米の人が主なゲストと想定するならば、ベッドサイズなど体格に合わせて大きいものを。
アジア系が主なゲストならば、日本の新製品をアメニティとして置くと受けるかもしれない。
イスラム系が主なゲストの場合、「お祈りのスペース」などがあると喜ばれるだろう。
こんな具合だ。
ホストのちょっとした気遣いや先回りの発想がポイント。
「痒い所に手が届く」内装やインテリアに、ゲストはきっと高い評価もつけてくれるはずだ。

サインやマニュアルはどうする?

 1
ゲストの国や地域が想定できると、部屋に置くサインやマニュアルも作成しやすい。
 少なくとも英語の表記は必要だが、できれば多言語で作成することが望ましい。
マニュアルに記載したいことは
・鍵の受け渡しについて
・部屋の使い方・規則
・非常時の対応について
といったところだ。
そのほかに、周辺の地図や観光スポット、飲食店の案内を載せておくと喜ばれる。
マニュアルを作成するのには手間がかかるが、なるべく親切に詳しいマニュアルを作成することをお勧めする。
そうすればホストであるあなたに、ゲストからの問い合わせも減り後々の運営が楽になるからだ。
ホストとゲストが顔を合わせることなく、完全にオートメーション化した運営をAirbnbで行いたいならば丁寧なマニュアルは必須だ。

外国人受けする部屋の内装にしたい!

 room
Airbnbで部屋を貸すホストは日本文化に興味を持って訪れる外国人客に喜ばれるように、和風テイストな部屋にコーディネートする人も多い。
アキバ系アニメのフィギュアがずらっと並んだ部屋を貸す人もいるが、あまり趣味が偏りすぎると宿泊客が限定されてしまうおそれがあるため、くせのないシンプルな部屋に仕上げることをおすすめする。
家具は無印良品などのシンプルな家具でそろえると、コーディネートしやすい。
海外では無印良品を「zen(禅)」だと表現されることもあり、日本の心を反映したブランドだと捉えられる可能性もある。
少し予算を押さえたいなら、ニトリもシンプルで安価な家具が多いのでおすすめだ。
いずれにせよ、どんなゲストにどんな空間を提供したいか?というコンセプトをしっかりと立てて部屋を仕上げていこう。

アメニティを揃える

アメニティや設備は、Airbnbサイトのリスティングにも登録するため部屋のアピールポイントの一つになると考えて良い。
清潔なアメニティが豊富にそろっていると、それだけで印象が良い。
あなたの貸し出す物件の周辺に、同じような部屋・同じような値段が横並びにあるようならば、アメニティに少しお金をかけたり工夫を施してみよう
また、持って帰ってよいアメニティと持ち帰りできないものをしっかりとマニュアルやサインに表記しておくことも忘れずに。